本多孝好「MOMENT」

読書感想

病院にアルバイトをしている大学生が、院内で噂される「死期が近づく 患者の願いをかなえる」というのを実現していくお話です。 死期が近づいた人間の様々な考えが垣間見える形で描かれていきます。 人は人生の終わりに誰を思い、何を願うのか? そんなことを考えさせ てくれる物語です。

読んだ感想としては、あまり私には合わなかったです。話の内容もそう ですが、作風のタッチもいまいちなじめませんでした。 おそらく私は死ぬときに特に思い残すこともないんじゃないのかなと 思います。 これからそういうことがでてくるかもしれませんが今現在 はありません。

 

関連コンテンツ


Posted by クロスパール