貴志祐介「硝子のハンマー」

読書感想

介護サービス会社の社長の死体が発見された。 しかし発見さ れた場所は完全な密室。窓には強化ガラス、エレベーターには 暗証番号、廊下には監視カメラと完全な密室と思われていたが 殺人は意外な方法でおこなわれていた。

弁護士・青砥純子と防犯コンサルタント・榎本径のコンビが密室 の謎に挑戦する。 前半部分はかなり退屈な展開です。いろんな理論で密室の謎を 解き明かそうとするのですがあまりにも理論的過ぎてちょっと読む のに苦労しました。 

しかし後半の謎解きの部分からはハイペース で読めました。 とても意外な方法での侵入・殺人今まで読んだ 本のなかでも一度も出てこなかったものでそこは新鮮でした。 ただ私に知識がないのでそれが可能なのか?ということがいま いち理解できませんでした。  ちょっと分厚い本でしたが読み終わった充実感が気持ち良かった です。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール