浦賀和宏「彼女は存在しない」 

おもしろそうなポップが立っていたので購入してみました。裏に少し書いてあるあらすじを読んでみたときおおよそのストーリーは頭に浮かびましたがその通りでしたね。結局こういう小説はこのパターンにしかならないんじゃないだろうか?と思うほどに王道のパターンでした。