誉田哲也「武士道セブンティーン」 

読書感想

福岡南高校に転校した早苗はここでも剣道部に入部するもその
方針に戸惑ってしまう。全国でも有数の強豪校としても知れわた
っている福岡南の剣道は剣道をスポーツとみなしそのルールの
中でどうやって勝利していくのかというのを練習していた。
一方の早苗は武士道を重んじる香織の影響もあり剣道をスポーツ
としてみることに疑問を抱く。一方の香織は早苗の抜けた後の
人材を育てるべく奔走する。そんな中、早苗の同級生となった
黒岩レナが香織が中学の全国大会の決勝戦の相手だと知る。
レナが率先して剣道をスポーツ化していくことに自分の心がついて
いかない早苗は香織に思い切って電話で相談してみる。
なんとかして、戻りたい・・・そんな早苗の言葉を聞いた香織は
戻ってくるのもありだが負けたまま戻ってくるな!と激をとばす。
そして早苗はレナとの決闘を決意する!
前作「武士道シックスティーン」からの続きです。
お互いはなれた二人だが剣道を通じて成長していく様が感じ
とれるすばらしい作品です。
そしてレナとの決闘の前に香織が早苗に激をとばしますがそこは
とても感動しました。友情や信頼といえばそれまでですがここでも
やはり武士道というのが奥底にあり心に響きます。
「あたし達の剣道が負けるはずがない!」何よりも心強い言葉
だったと思います。

本日はブログを読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク



Posted by クロスパール