本田健「10代にしておきたい 17のこと」

読書感想

今回の作品も秀逸です。私は今年40歳になりますが10代の人
にこの本を贈ってあげたいと思えるものです。
たくさんいいこと書かれているのですがいくつか抜粋してみます。
・90%の大人は自分が何をやりたいのか自分でわかっていない
これは本当にそう思います。常日頃から私もいっているように
自分が嫌いなまたは望まないこと(仕事など)をしている大人ほど
それにしがみつこうとします。
・何でも挑戦できるが自分がやったことの責任は自分にある
何をやるにしても結局は自分が決断したことなので責任をいう
ものを考えておいてほしいというものですが大人にもあたはまり
ますね。どうしても年齢を重ねると周りの人のせい、環境のせい
時代のせいなどと自分以外に責任をもっていきがちですがそれは
間違っているということを感じてほしいです。
・10代は一番不自由な時代
ちょっと意外かもしれませんが10代はだいたい家族、学校が
主な生活空間であり土台です。そこからなかなか飛びぬけて
いくことは難しいです。その中で自由をくれ、自由をくれと叫んで
も無理な時代なのです。
しかし、いざその時代を抜けて家族や学校に守られている場所
から抜け出すと今度は自由になったのに何もできません。
多数の人はそのままの流れで生きていくでしょう。
本当に自由になったとき何をやりたいのか?考えておきましょう。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール