東野圭吾「祈りの幕が下りる時」

読書感想

加賀恭一郎シリーズは何作もありますがこの本は加賀恭一郎のルーツを解き明かすものとなりました。
とにかく話がよく練りこまれており読み応えのある作品です。

1作目からここまでの流れを考えていたのなら東野圭吾という作家には脱帽ですね。

本日はブログを読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連コンテンツ


Posted by クロスパール