東野圭吾「11文字の殺人」

読書感想

恋人を殺された女流作家が編集者とともにその真相を解明していくという話です。
一応「11文字」の謎は解けるのですがちょっと微妙な感じを受けましたね。

それでもテンポよく読める作品だと思います。

本日はブログを読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連コンテンツ


Posted by クロスパール