東野圭吾「悪意」

タイトルの「悪意」だが読んでいても途中までというか最後までその真意がわからずにいた。しかし最後の最後にその「悪意」の意味に気づいた時の衝撃は今でも覚えています。

もし東野圭吾作品でお薦めはと言われれば、この「悪意」をその一つに挙げると思います。