東野圭吾「パラレルワールド・ラブストーリー」

忍者シェアボタン

東野圭吾にしては恋愛ものかな。
恋愛ものといってももちろん純粋なものではなく、そこには時間の要素や愛情・友情といったものが絡み合っている。

この本を読み始めたらきっと止まらなくなるだろう。