金融資産3000万までの道3~住宅購入と体力の限界~

資産運用, 金融資産3000万までの道

個人経営→会社組織と転職して再び個人経営の勤め人になりました。以前の働いていた職場の先輩が起業するということで一緒にやってみたくて決断しました。社長とその家族、そして社員は私だけという小さな構成でしたがここでは自分で裁量でできることが多い反面、何でもやっていかなければならないのでとてもしんどかった覚えがあります。

 

特に面倒だったのはやはり家族の中に他人が一人という構成です。普段周りを気にしない私ですがこれは本当にやりにくかったです。何かを発言してもこっちには良い顔、こっちには悪い顔となってしまうことがありとても気を使いました。

 

この時代のことは今でも夢に出てくることがあるので余程インパクトが強かったのだと思います。今から考えるとよくやっていたなと思う勤務でしたが当時は若いということもあり、楽しかった記憶も多いですね。

 

幸いにしてこの会社はそこそこ繁盛したので給料も今以上にもらっていました。私が今まででもらった給料の最高額でした。激務だったので朝は6:00に出発、家に帰ると23:00なんてことはざらでした。そんなことでまたお金を使う暇がありませんでした。お金を使う暇がないのに給料は今までの最高額をもらっていたのでどんどん貯まっていきました。

 

この会社には約7年間在籍していたと思います。この間に貯金は1800万程度になっていました。28歳でした。私は現在45歳ですが28歳で1800万なら今はもっとあるはずだと感じる読者がいると思われますがここからがお金の変動が大きくなることが起きました。

 

28歳で1800万の貯金を達成しましたが、ここで今では考えられないことですが住宅購入をしました。中古住宅で1800万でした。現金一括でも購入できましたがさすがに怖くて800万を頭金にして1000万の借金をしました。経済的には一括で購入することが何よりもお得です。しかしこの時もそういう知識もなく借金することが当たり前という感覚もあり特に違和感はありませんでした。現在この借金は完済しています。

 

これだけならば現在はもっとお金が貯まっていたと思いますがここで親の借金が発覚するのです。どうやら友人の連帯保証人となりその借金がかなりあったようです。消費者金融(当時のサラ金)20社程度から借金をしていました。当時はかなりの暴利で20%などはざらでしたね。そしてこの返済を私が肩代わりしました。800万ぐらいだったような気がします。「連帯保証人」には絶対にならないと誓った出来事でした。

 

1800万あった貯金は頭金800万、借金800万を消費して200万に激減したのです。住宅の借金もあったのでお金が貯まるスピードは急劇に鈍化してしまいました。この時期からすぐ後にに給料最高額だった会社を退職することになります。体が限界でした。

 

2003年末金融資産 350万

関連コンテンツ