「 東野圭吾 」一覧

スポンサーリンク
東野圭吾「麒麟の翼」

東野圭吾「麒麟の翼」

”日本橋の欄干にもたれかかる男を巡査が目撃する。男の胸にはナイフが刺さっていた。どうやら男は死にかけた状態でここまで歩いてきて、力つきたようだ。その後、男は病院で死亡してしまう。加賀と松宮も参画して事件の捜査が始まる。その中、事件直後に若い...

東野圭吾「さいえんす?」

東野圭吾「さいえんす?」

”「こいつ、俺に気があるんじゃないか」―女性が隣に座っただけで、男はなぜこんな誤解をしてしまうのか?男女の恋愛問題から、ダイエットブームへの提言、野球人気を復活させるための画期的な改革案、さらには図書館利用者へのお願いまで。俗物作家ヒガシノ...

東野圭吾「むかし僕が死んだ家」

東野圭吾「むかし僕が死んだ家」

昔の恋人沙也加から連絡があった。「私には幼いころの記憶がぜんぜんないの」と。彼女の記憶を取り戻 すため、二人は幻の家を訪れる。それはめったに人がこない別荘地の外れにある小さな白い家に。 そこには、ある秘密が・・・。読み終えてパラパラっと最初...

東野圭吾「白馬山荘殺人事件」

東野圭吾「白馬山荘殺人事件」

「マリア様はいつかえるのか?」この不可解なメッセージを残して自殺をした兄・公一のことを不審に 思い白馬のペンションにきた妹・ナオはマザーグースの歌に秘められたなぞを紐解いていく。 そして、マリア様がかえってきたときすべてのなぞは解き明かされ...

東野圭吾「幻夜」

東野圭吾「幻夜」

阪神大震災、雅也は咄嗟的に叔父を殺してしまう、そしてそれを目撃した女、美冬。二人は神戸を飛びだ し東京へ。どんなことをしてものし上がっていく美冬。それを影で支える雅也。そして、美冬の正体がわ かりはじめたとき雅也はこう叫んだ「お前は俺の魂を...

東野圭吾「変身」

東野圭吾「変身」

主人公、成瀬じゅんいちはおとなしい性格で絵を描くのがすきな男性であったが、子供を助けようとして 拳銃の弾を脳にうけてしまう。奇跡的に脳の一部を移植するという手術をうけ一命は取り留めたが次第に 性格に変化が・・・。先に映画をみていたので主人公...

東野圭吾「秘密」

東野圭吾「秘密」

母、直子と藻奈美は実家に帰る途中バス事故にあってしまう。母は事故により死亡してしまったが藻奈美 はかろじて生き延びた。しかし、意識を取り戻した藻奈美の意識は直子だった。 迷いながらも娘、藻奈美として生きていく覚悟を決めた直子だったが、次第に...

東野圭吾「名探偵の掟」

東野圭吾「名探偵の掟」

名探偵 天下一が主人公の作品です。しかし、一風変わった書き方がなされています。 本格的推理小説ではないですが、裏側を解説している展開でとても興味深いです。 感想は両極端にわかれる作品ですね。 私自身はこういう展開の書き方は苦手でした。  た...

東野圭吾「白夜行」

東野圭吾「白夜行」

父を殺した少年、母を殺した少女、二人の霧がかかった人生を描いています。少年は裏の世界へ、少女は華やかな表の舞台へ。交錯していないような二人の人生だが・・・。 名作といわれている「白夜行」ですが、まさにそのとおりです。 もう読むのがとまりませ...

東野圭吾「さまよう刀」

東野圭吾「さまよう刀」

ある少女が未成年の少年らに暴行され、覚せい剤をうたれ死亡してしま います。少年たちはその現場をビデオテープに録画して何度も楽しみ、 コレクションにしていました。 そして暴行した少年の二人のうち、 一人が少女の父親に包丁でめったざしにして殺さ...

東野圭吾「放課後」

東野圭吾「放課後」

東野圭吾デビュー作「放課後」を読みました。 出版順には読まずばらばらに読んでいますが、デビュー作を読み終えての感想は東野圭吾は常に進化していると感じました。 今回のデビュー作「放課後」ではタイトルどおり高校の放課後が主な舞台になっています。...

東野圭吾「魔球」

東野圭吾「魔球」

主人公、須田武志が投げた最後の一球。 その球は誰もが今までみたことのない変化をした。 しかしその球をもう一度投げることはなかった。 高校野球が舞台になっています。小説を手にとったときは本当に野球の話なんだと思いました。だから東野圭吾がどんな...

東野圭吾「ある閉ざされた雪の山荘で」

東野圭吾「ある閉ざされた雪の山荘で」

ある劇団の7人がオーデションを勝ち残って山荘で合宿をします。そしてその山荘宛に届いた手紙には監督からの指令でその山荘は雪に囲まれている。電話も使えない。という設定で実際に生活してみることと記された手紙が届きます。元来そういう破天荒なことをす...

東野圭吾「名探偵の呪縛」

東野圭吾「名探偵の呪縛」

今回はパラレルワールド?に迷い込んでしまった天下一探偵がなぞに満ちた町の過去を探っていきます。 そして遺跡から「ある物」が盗まれてから奇妙なことがおこり始め、それを調べていくうちに「ある作品」がまったくないことにたどりつきます。 その作品と...

東野圭吾「容疑者Xの献身」

東野圭吾「容疑者Xの献身」

昨年、映画化もされ知っている人も多いと思います。福山雅治、柴崎コウでおなじみですね。そしてこの主題歌として柴崎コウが歌う「最愛」という曲があります。はじめに聞いたときは、東野圭吾作品とイメージ的に合わないなって感じましたが今日、本を読み終わ...

東野圭吾「同級生」

東野圭吾「同級生」

一人の女性徒の交通事故からはじまります。次第に調べていくうちにその女生徒が妊娠していたことが発覚。そしてその事故?事件?を隠蔽しようとする学校側、なんとしてでも真相をしりたい生徒側の構図で進行していきます。 東野作品の大きな特徴は「大きな主...

東野圭吾「黒笑小説」

東野圭吾「黒笑小説」

最初の3篇は小説家の苦悩?を描いた物語でしたが、私がもっとも印象に残ったのは、「臨海家族」です。 アニメのキャラクターに夢中の娘のために、キャラクターグッズを買ってやる両親。どんどん進化してモデルチェンジをするキャラクターのコスプレ、小物な...

東野圭吾「眠りの森」

東野圭吾「眠りの森」

バレエ団関係者の一人葉瑠子が何者かに襲われ、不意にそのレッスン場に進入した不審者を殺害してしまう。 葉瑠子やバレエ団の仲間たちは正当防衛を主張するも一応は逮捕という形になり、警察につれていかれてしまう。 親友の未緒は心配で仕方がないがバレエ...

東野圭吾「ゲームの名は誘拐」

東野圭吾「ゲームの名は誘拐」

敏腕広告プランナーの佐久間はクライアントの重役・葛城にプロジェクトを潰された。葛城邸に行ったところ偶然中から女性がでてくるところを見かける。後をつけ確かめてみると葛城の娘だった。 その娘も父親に反抗しており二人で狂言誘拐を始める。 身代金3...

東野圭吾「回廊亭殺人事件」

東野圭吾「回廊亭殺人事件」

一代で財を成した一ヶ原高顕が死亡し妻子をもたない高顕の莫大な遺産の相続にあたり、遺言状が一族の前で公開されることになった。場所は旅館「回廊亭」。一族のほかには菊代という老婆が招待されていたが菊代の本当の目的は違うところにあった。 それは半年...