「 喜多川泰 」一覧

喜多川泰「スタートライン」

喜多川泰「スタートライン」

かっこいい大人が少なくなってきたのは自分で自分にブレーキをかけているからだ。そんなことを授業で聞いた伊福大祐はその先生の授業に聞いた言葉をメモに書き留めていく。そんな中一人の転校生の女子に恋をしていくのだがふられてしまう。結局直接返事を聞く...

喜多川泰「母さんのコロッケ」

喜多川泰「母さんのコロッケ」

リスペクトしている作家の一人です。今回は脱サラして塾を経営し始める主人公がその中で点数をとれるだけが全てではないということを伝えたいという思いが強く反映されている構成です。しかしそれを伝える確固たる自信がない。そんな時駅の売店で販売されてい...

喜多川泰「心晴日和」

喜多川泰「心晴日和」

14歳の女子中学生の美輝はクラスでしかとをされ学校に行く気に もなれずずっと家にいたりぶらぶらしていた。そんな折、井之尾と いう老人に出会い、人生で起こることはすべて自分が思っている こと、自分がやってきたことが原因である。そして物事に幸や...

喜多川泰「福に憑かれた男」

喜多川泰「福に憑かれた男」

「福に疲れた男」では何かをやらない理由を探していまのままで何もしないという人が多いと書かれています。 なんでも最初の一歩はとても勇気がいります。その「勇気」を大事にしたいです。 「福」に憑かれた男 人生を豊かに変える3つの習慣posted ...

喜多川泰「上京物語」

喜多川泰「上京物語」

上京する息子に父親が普段は面と向かっていえないようなことを本の分厚さほどのある手紙を渡したことではじまります。 大きく分けて5つの視点で描かれています。 その5つの視点は読んでいただくとして伏線として書かれていることに私は非常に共感しました...

喜多川泰「君と会えたから」

喜多川泰「君と会えたから」

特になんの目標もない高校生ヨウスケが一人の少女ハルカと会ってどんどん変わっていくという話。 普段は毎日なんとなく過ごして明日が必ず来ると無意識に思い生きているがハルカとの出会いによって それがとても大切なことなんだと気づく、それはハルカが・...