読書感想

人柱職人として働く東郷直海が鋭い洞察力・観察力・推理力で身近における事件を解決していきます。人柱職人、こういう職業が本当にあるのだろうか?と検索してみたがさすがに無いようでした。鋭くそして的確に的を射た判断で語られる直海の場面が目に浮 ...

読書感想

海での遭難事故にあった6人は大きな信頼のもと時間を共有してきたいたがその中の一人が自殺をしてしまう。その自殺に隠された意図とは何なのか?この自殺についての遺書の文章ができてきますが私は不謹慎?ながらも共感できる部分が多分にありました。 ...

読書感想

誰もが聞いたことのある話をモチーフに展開される短編小説でした。石持流とでもいいましょうか思考に思考を重ねる道筋で議論好きな方にはお薦めです。短編はさくっと完結できるのがいいです。

賢者の贈り物 (PHP NOVELS)

p ...

読書感想

それほど愛してもいない彼女、早智恵が上司を殺害したと確信した水野はどうにかして早智恵と別れようとする。しかし、その前に第二の殺人がおきてしまう。水野は本当に早智恵を愛していなかったのか?早智恵が同僚を殺害していく動機はなんだったのか? ...

読書感想

短編集で題材は地雷です。その地雷を巡って多方面の角度からの人間の心模様が描かれていきます。感想としてはストーリーよりも地雷というものの怖さやむごさを感じました。人はこんなものまで作って守りたい何かがあるんだろうか?としみじみ思いました ...



読書感想

冤罪で獄中で死亡した親を持つ3人の女性が覚醒するのを恐れ並木は阻止しようと殺害を計画するも計画が完成するまでに3人を守ろうすとるあかねに先手を打たれてしまう。突発的にあかねを殺害してしまうことになった並木は3人の殺害を実行しようとする ...

読書感想

佐知子の一人息子である文彦が突然失踪してしまう。それを皮切りに佐知子の周りでは次々に不審なことが起こり始める。別れた夫・雄一郎にも相談するが時間が進んでいくごとに忌まわしい過去が蘇り襲ってくる。佐知子は過去を精算して未来にすすめるのか ...

読書感想

師匠を逮捕されたとして3人の弟子がハイジャックを敢行。要求は師匠を空港に連れてくること。釈放ではなく連れてくること。この不可解な要求に困惑する警察だったが師匠と呼ばれる人物を深く知る事にその影響力にどんどん引き込まれていく。とにかく面 ...

読書感想

碓氷優佳シリーズの第二弾?です。
余命6か月の宣告を受けたソル電気の社長、日向は自分を
殺したいと考えている梶間に殺させようとするのだが碓氷優佳の
登場によりことごとくその計画に亀裂が入りうまくいかなくなって ...

読書感想

本屋で前面にあったのでちらっと手にとってみると面白そうだった
ので買ってみました。
内容的には最初から犯人がわかっていてそれを紐解いていくと
いう構想です。 ある大学生の同窓会で一人の後輩を殺害する
計 ...