「 山田悠介 」一覧

スポンサーリンク
山田悠介「レンタルチルドレン」

山田悠介「レンタルチルドレン」

里谷泰史・冬美の一人息子優、彼が死んで3年になる。もう、生きているという実感もなく食事すらただ 事務的な作業にすぎない。このままではいけないと思いながらも打つ手立てもなく日は過ぎていった。 そんな中、泰史の兄からこんな電話が入った。「なあ、...

山田悠介「8.1」

山田悠介「8.1」

この本は題名タイトルを含む4つの短編小説です。・8.1 高校生の舞はバケトン(お化けトンネル)に夜中に探検にいくのが癖になっていた。ネットでしりあった 4人組でいつも行動しているがなかなか本物のスリルを味わえないと嘆いていた。そんな時、ネッ...

山田悠介「ライヴ」

山田悠介「ライヴ」

新種のウイルスが発見されそれに感染するとかならず死ぬ! 特効薬はまだ開発されておらず、た だ「死」がくるのを待つのみという生活を送る人々が増えていた。そんなある日ネット上である変 な噂がながれた「新種のウイルスの特効薬が欲しいものは指定され...

山田悠介「パズル」

山田悠介「パズル」

エリート高校生A組の諸君今から校内にある2000ピースのパズルを探し出せ! さもなくば お前たちの一番嫌いな教師を殺す!タイムリミットは48時間! 突然校内に押し入った何者かに いやもおうもなく突きつけられた難題。自主参加という犯人の主張も...

山田悠介「Xゲーム」

山田悠介「Xゲーム」

小学校の頃ば「バツゲーム」としてクラスで一番根暗の女の子に告白するというバツに当たって しまった主人公、小久保英明は仕方ないと告白します。それから、中学を過ぎ、高校を卒業して 同期はみな就職していた頃、英明の周りに妙な格好をした女がちらちら...

山田悠介「ドアD」

山田悠介「ドアD」

ある大学のテニスサークル8人組が気づけば暗い1室に閉じ込められている。(ん?なんかのシチュエー ションに似てるな、映画「SAW]か?) その部屋を出たければ仲間のうち1人を犠牲にしなければならな い。そして8番目の部屋を出たとき・・・。 本...

山田悠介「ベイビーメール」

山田悠介「ベイビーメール」

ベイビーメール・・・・というメールが送られてくると送られた人は妊娠しおなかの赤ちゃんは急激に 成長する。そして妊婦は非業な死を遂げる。いったいなにが原因なのか?単独で捜査に出た主人公は徐々 に核心にせまっていくが愛する恋人にもタイムリミット...

山田悠介「Fコース」

山田悠介「Fコース」

前回の「Aコース」と続きではないですが関係はあります。 さて、前回同様バーチャルゲームに刺激を求めに来た女の子4人組。今回はある美術館から1枚の 絵を盗みだすゲームだ。トラップを潜り抜けやっとクリアできたかと思われたが・・・・・。 この手の...

山田悠介「Aコース」

山田悠介「Aコース」

ゲームの中でスリルを体感できるというバーチャルゲーム。 その中ではあたかも本当のリアルの感覚で物事を体験できミッションをクリアしていくというもの だが今回のAコースは舞台は病院、火災した病院から抜け出すためとラップを攻略していく、その 途中...

山田悠介「リアル鬼ごっこ」

山田悠介「リアル鬼ごっこ」

山田悠介の処女作「リアル鬼ごっこ」を読みました。 鬼ごっことは名ばかりでいうなれば殺戮です。ある進化した時代の王国で「佐藤」という苗字の 王様がこの国には「佐藤」の苗字は自分だけでいいというわがままから始まる鬼ごっこ。捕まった 佐藤さんは処...

山田悠介「あそこの席」

山田悠介「あそこの席」

学校の教室のある席にすわると不幸が訪れる、3人の犠牲者が出た後不振に思ったその席に座った 生徒が調べていくと・・・。 小説を読もうと決め手誰の作品を読むか迷っていたのですが、以前読んだ「親指さがし」が面白か ったこともありこの作者の作品を手...

山田悠介「親指さがし」

山田悠介「親指さがし」

これは、えっとV6の誰かが主演で映画にもなったと思います。読み始める前は、ほんまにおもしろいん ?という感じあまり好感をいだかず読んでいましたが、最初の10ページぐらいを読んだ頃からもう虜に なっていました。圧倒的世界観に引き込まれそのまま...

山田悠介「93番目のキミ」

山田悠介「93番目のキミ」

スマートロボット、通称スマロボの新型機種スマロボⅡが発売された。スマロボⅠも購入していた植木也太はどうしても欲しくておばあちゃんにお金を都合してもらったのだった。学生の身分では高価な代物だった。 このスマロボⅡの最大の特徴はアプリをダウンロ...

山田悠介「種のキモチ」

山田悠介「種のキモチ」

”アタシ”と呼ばれる女の子は蔵に20年閉じ込められていた。花が大好きなアタシはいつしか自分自身が植物と化していた。そして新種の花を咲かせ「新月美人」と名付けた。そして枯れ果ててしまった。その後、種子が広がり次々と花を咲かせるのだがそこから進...