ふるさと納税の税金控除の方法

資産運用

ふるさと納税で住民税控除する方法はワンストップ特例制度確定申告の2通りの方法があります。サラリーマンで収入が本業のみの場合はワンストップ特例制度を申請する方が簡単です。

 

ワンストップ特例制度とは

1年間の寄付金先が5か所以内の場合は確定申告をしなくてもいいという制度です。寄付先の自治体からワンストップ特例制度を申請するという書類が送付されてきますので必要事項を記入して自治体送り返します。そうすることで確定申告をしなくても税金控除を受けることができます。申し込んだ自治体すべてに書類を返送することを忘れないようにしてください。

ふるさとチョイス ワンストップ特例制度

 



確定申告

確定申告が面倒くさいということでふるさと納税を敬遠している人が多かったので上記のワンストップ特例制度ができました。ただ確定申告をする必要がある人、給与収入以外の収入が20万以上、医療費控除などがある場合は確定申告でふるさと納税を申告しなければなりません。一度やってみると難しくはないので機会があればやってみることをおすすめします。

 

たったこれだけでお礼の品を実質自己負担金額2000円でいただけるのはありがたいですよね。ぜひ一度もふるさと納税制度を活用したことがない人はやってみましょう。

本日はブログを読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連コンテンツ