税金コストに目を向けよう

インデックス投資のみならず投資をしている上で重要なのが税金コストです。投資信託の売却を行うと現状では20.315%の税金を支払うことになります。

つまり何度も何度も利益確定しているとその都度税金を支払うことになるので資産を増やす妨げになります。だから巷ではやっている毎月分配型投信は資産形成時には選んではいけない商品のひとつです。

また毎月分配型投信は販売手数料や信託報酬が高めのものが多いのでそちらでもコストがかかり運用成績を悪化させていきますので資産形成時には選ばないようにしましょう

税金(計算上面倒なので20%とします)を支払うと運用している資産額が減少してしまいます。この減少により運用成績が低下するので気を付けなければなりません。

資産100万から+20%(20万)の含み益があったとします。この場合は仮に20万を利益確定した場合に支払う税金は4万です。手取りとして16万の利益を確定したことになります。ここでこの16万を何かしらに使用するのであれば必要なお金なので仕方がありませんが再投資するのであれば税金を支払った分全体的な資産は減少することになります。

20万の利益を確定して再投資した場合の全体資産は116万

利益確定しなかった場合の全体資産は120万

仮に利回りを年5%とすれば1年後には次のようになります。

利益確定した場合は全体資産121.8万

利益確定しなかった場合の全体資産126万

4.2万の差額が生まれました。このように利益確定して再投資する場合は税金を支払うために運用成績が悪化していきます。普通に考えても税金の20%という数字はかなり大きいと思うんですよね。普段消費税がどうとか言っても8%です。それに比べるとはるかに大きな数字です。

同じ商品に再投資するなら利益確定はできる限り繰り越しましょう

以上、税金コストに目を向けよう、でした。