殺人事件のニュースを聞かない日はくるのだろうか

日常

殺人事件のニュースを聞かない日はないのではないだろうか。
それほどまでに殺人事件は日常で起こっていることになる。深い恨みを持っての殺人から衝動的な殺人まで多種多様だが人間を殺害するという行為は理性がある人間にはかなりハードルが高いと感じる。
あなたが殺人を犯すとしたらどんな状況、心境ですか?
私はおそらく怒りが沸点に達した時ではないかと感じています。喜怒哀楽の感情で怒の感情だけが理性を超越できるのではないでしょうか。ストレス発散と同じで多少の怒りも小出しにしておいた方がいいのかなと思うこともあります。ガス抜きのような効果で怒りが沸点になるのを防ぐ効果がありそうな気がします。
しかし私はほとんど怒りません。昔はそういうこともあったと思うのですがここ数年そういう感情になったことがありません。こんな生活を何十年も続けていくと何かの拍子で一瞬で理性が吹っ飛ぶ場面があるかもしれないという感情が心の角にあります。
人間年齢を重ねると丸くなると言われているので、怒の感情自体が起こらなくなってくるのなら問題ないけど、単に心のどこかに追いやられているだけならいつか顔を出してくる時があるかもしれないですね。
どんな状況になっても自分で自分をコントロールできるようになっておきたいです。

本日はブログを読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連コンテンツ