結婚そして離婚 2

恋愛/結婚/離婚

kekkon-rikon

 

 

 

 

 

今回は「経済的問題」について考えてみます。
経済的問題といっても簡単にいえば「お金」の話です。
・お金の価値観
・お金の稼ぎ方・使い方
「お金の価値観」についてですがこれは育ってきた環境が似通っていればあまり問題にならないかもしれませんがそういうケースは極稀でしょう。お金がない環境で育ってきた人間とお金がある環境で育ってきた人間の組み合わせだと余程の結婚するまでの話し合い、価値観の分かち合いが十分に行われていないと離婚する確率は高くなると思います。
一般的にお金がない人はお金があれば幸せ度が増すと感じているようで程度の差はあれいつもお金が欲しい、お金があったらいいなと感じている人が多いです。逆にお金がある環境で育った人はお金と幸せ度はあまり関係性がないということを小さい頃から肌で感じている人が多いようです。その感じ方は反面教師の場合もあるしそうでない場合もあります。
個人的にお金の価値観は100%に近い数値で合う方がいいと思います。しかし100%というのはありえないと思いますから自分が許容できる範囲で合致しているほうが望ましいでしょう。

お金の稼ぎ方・使い方ですが稼ぎ方にどうしてもこだわってしまうのが日本の特徴のひとつだと感じています。もちろん犯罪をして稼ぐのは論外ですが基本的に労働収入がもっともよく、それが当たり前だという考えが浸透しています。

どんな方法でも稼ぐお金は同じ金額なら同じ価値があるのですがなかなか受け入れられない現実もあるようです。その中でどうやって稼いでどのように使っていくのかは結婚前に十分に吟味しておくほうがいいのではないでしょうか?

結婚してからお金の使い方を考えるようではそのときに相手の使い方がどうしても受け入れることができない場合はかなりの苦痛だと思います。
私がテーマにしている、
「経済的問題」
「価値観・習慣・環境」
「変化」
の中では「経済的問題」は一番解決しやすい問題だと思います。

本日はブログを読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連コンテンツ