結婚そして離婚 4

忍者シェアボタン

kekkon-rikon

今回は「変化」についてです。
結婚した後になって結婚する前とは変わってしまったとかいいますがそもそも変わること変化することが当然なのです。逆に変化しなければ余計にうまくいかなくなるのではないでしょうか?

そしてこの変化がきっかけとなり離婚することもあるようでそうならない為にはどういう対応をすればいいでしょうか?
これは結婚生活だけには限りませんが変化に対応できる能力が常に必要になるのだと思っています。ただ人間はうまく変化に対応できる人とそうでない人に分かれるようでできない人はとことん深みにはまっていく傾向にあるように感じています。

変化に対応するためのひとつの対策として知識を増やしておくというのがあります。実体験できることはやはり限界があるので補助する意味で知識を増やしておくことで疑似体験しておき、いざそういう場面がきたときに対応しましょうということです。

知識の増やし方としてはやはり経験をした人から生の声をきくのが一番いいですがそれも限度があると思いますのでやはりネットや書籍からの知識のベースアップが主になるものと思われます。

ここで重要なのが知識を増やすことだけに集中しすぎてその知識をどうやって活用するかを何も考えないでいることです。知識はもっているだけでは宝の持ち腐れです。それを活用できるように常に考えておくべきでしょう。
結婚生活において変化するものは、価値観、習慣、環境などのすべての分野において影響してくるのでお互いにある程度想定できる事柄などは話し合っておくことで離婚する原因になることは大きく軽減できるんじゃないかと考えています。
離婚した人から多くを聞くことはないですが概ね変化に対応できないことがその原因になっていることが多いと推測しています。