私が結婚した理由 5

恋愛/結婚/離婚

kekkon-yokatta

 

 

 

 

 

 

「こだわり」について
人間って良し悪しは別にして誰でも何らかのこだわりがありますよね。このこだわりが悪い方に偏ってしまうとなかなかうまくいくこともいかないことが多くなると感じています。
価値観とよく似ていますが私はこの「こだわり」というファクターにも重きを置いています。時にこれが強いと「頑固」になってしまって困ります。
そんなこだわりですが「いい意味でこだわりがない」ということが結婚する大きな理由になりました。
何事に対してもフラットで見ることができ偏見がありません。また自分の好きなことがはっきりしているので取捨選択がとても明快です。
「こだわり」がある人間はそれが故に大きなエネルギーを発することができるのも一つの事実でしょう。人から何を言われようと自分の道を突き進むというのもかっこいい生き方だとは思います。

 

 

ただそれは大きな目的をなし遂げるためには必要なことでしょうけど、結婚を決断するにあたってはとても邪魔になるものだと考えています。「年収が○○○万以上じゃなきゃ嫌だ」「職業は○○じゃなきゃ嫌だ」「食事の仕方が嫌だ」「○○の趣味が嫌だ」とあげればきりがありませんがこういう自分の中で悪い方向のこだわりがあると困りますよね。
反対にこだわりがまったくないのも困ります。自分の中の選択基準が曖昧すぎて何も決まっていかないと思うからです。何事もそうですが程々がいいのかもしれませんね。

本日はブログを読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク