「私が結婚した理由」にC竹さんからコメントが来たのでお返事を記事にしました。

恋愛/結婚/離婚

私が結婚した理由 7 にC竹さんから以下のようなコメントが来ました。

初めまして。訪問者リストから来ました。
ところで、子を作らない、作る予定のない、子を育てない男女が、【法的な契約】として婚姻届けを出す理由について、考えた事はありますか?
一緒にいたいだけなら、事実婚(同棲)でも構わないはずです。
それどころか、嫌いになった場合に、嫌々一緒に暮らすことなく、すぐに分かれる事が出来るというメリットがあります。
もし、税制上のデメリットが事実婚に存在しない場合、事実婚は選択肢に入りますか?

 

 

これについて私なりに回答させてもらいたいと思います。

ところで、子を作らない、作る予定のない、子を育てない男女が、【法的な契約】として婚姻届けを出す理由について、考えた事はありますか?

この部分ですが特に今まで深く考えたことはありませんが、次の3点を考えつきました。
1 世間体、ステータス
結婚をしているというステータスは信用を得るということに大変役に立つことがあります。私が昔住宅ローンを組んだ時に言われたのが「結婚しているともう少し融資できるんですけどねえ」でした。理由を聞いてみたところ、結婚していることで最悪一人が働けなくなってももう一人が働くことができるからというものでした。
世間体もあるでしょう。特に田舎にいけばいくほどに肩身の狭い思いをするということがまだまだあります。結婚していないからちょっとおかしいんじゃないか?、ちょっと変わっているからあまり深くかかわらないでおこうというのもあるようです。
(昔ほどではないにしろ、まだまだそういう考えの人はたくさんいるみたいです)
2 自己満足
結婚という制度が定着してる現在において、結婚している人は人並みで幸せな人生を送ることができていると自己満足を感じる人がいるんじゃないかと感じます。しかし、いざ結婚してみるとそうでもない場合もあるわけですが結婚に踏み切るときにはそんなことは考えないでしょうから婚姻届けを提出するときには「やったぜ!」という感情が埋め尽くしていると思われます。
3 税制上のメリット
サラリーマンの第三号被保険者、配偶者控除、扶養控除などがあります。

もし、税制上のデメリットが事実婚に存在しない場合、事実婚は選択肢に入りますか?

これについてですが、「選択肢に入ります」
ここからは個人的な見解ですが結婚という制度自体、不必要だと考えています。制度上のメリットがあるから「結婚という形」をとっているだけであってそういうものが同等ならば「結婚という形」にはとらわれないでしょう。
デメリットがなくなった時点で結婚制度は崩壊するんじゃないでしょうか。
崩壊しなくても、一緒にいることを決めた記念日のような自分たちのしるしみたいな感じになる気がします。

本日はブログを読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク