「私が結婚した理由」のC竹さんのコメントのお返事に再び記事を書きます。

恋愛/結婚/離婚

私が結婚した理由 7
「私が結婚した理由」にC竹さんからコメントが来たのでお返事を記事にしました。
C竹さんのコメントの間に私なりのお返事をさせてもらいたいと思います。
クロスパールのお返事は青色文字です。
ここから↓↓↓
クロスパールさん、返答ありがとうございます。
正直な方とお見受けしました。
とはいえ、まだ本音をすべて語れてない気がします。
年齢(予想生存年数)、収入、保有資産、家事や仕事の役割分担の違いがあれば、なにもかも対等になるはずがありません。結婚による、なんらかの【暗黙の契約】があるはずです。お互いに。
世の中に平等なんてものはありませんのである程度の差が出てくるのはしょうがないでしょう。「暗黙の契約」とありますが私自身はそれほど深く考えたことがないように感じています。
その【暗黙の契約】に齟齬をきたすと、最悪離婚となります。
そもそも、それぞれが勝手に考える【暗黙】ですので、お互いすべてさらけ出さなければ、齟齬の温床となりかねません。
お互いすべてさらけ出さなければ、齟齬の温床になりかねないとありますが、私はそうは思いません。
過去記事でこれらについて書いたものがありますので参考に読んでみてください。

 

参考記事
結婚そして離婚 3(価値観・習慣)
結婚そして離婚 4(変化)
奥さんは、子がいないのに専業主婦をされているとの事。
このような事がスムーズに成り立つのは、お互いになんらかの暗黙?の了解があったという事でしょう。
う~ん、あったのかな?あまり気にしたことがないのでよくわかりません><
それが暗黙なのか?

クロスパールさんは、【男の甲斐性】の一言で思考停止する人ではないと思います。それぞれに、なにをすべきか、あるいは何を最低限要求しているのか。そういった点でクロスパールさん夫婦は、男女でかなり違いがあるはずです。
要求というかたい表現だとしっくりきませんが、私自身は妻に何かを要求することはないと思います。
最低限といえば家事をするとかがあるんでしょうが、それすらできないようだと生活ができないのでここではそういう生活に支障がでるようなことは省かせてもらいます。
要求というか何かを求めているということでいえば、「ずっと一緒にいてほしい」ということですね。

税制上のデメリットが無くとも、経済的に弱い側は事実婚の選択肢は受け入れないでしょう。この点が、今回の話の要点です。経済的に弱いのは大抵女性です。力も弱いです。男と対立した場合、この点を補うために女は巧みな話法で男を攻撃する場合があります。手で勝てないなら、口による精神攻撃を使うのは合理的な判断です。
口による精神攻撃・・・恐ろしい・・・。
仕事から帰って来た我が家は、安住とはほど遠い所だったなんて・・・!
なんて家庭は世にゴマンといるでしょう。
そういう家庭もあるんだろうけど、そうなろうと思って結婚した人はいないと思うんですよね。だから結婚後のどこかから少しずつずれていったんじゃないかと思います。
そのあたりのことも私の結婚シリーズ記事で対応できるような気がするので気が向いたら見てみてください。

 


参考記事
結婚そして離婚
私が結婚した理由
結婚して良かったこと
・・・え~っと、何を言おうとしているのか分からなくなってきました(笑)
一言でまとめると、
・大抵は格差婚であり、要求がそれぞれ違う。
・弱者側は事実婚を受け入れない。
・弱者側は相手と敵対した場合、精神攻撃をする。
という事です。
そういった点をどうお考えなのでしょうか。
記事のネタにでもなれば幸いです。
C竹さんコメントありがとうございました。
コメントの間にお返事をさせてもらったので、よろしくお願いします。
C竹さんのおっしゃることも現実にはあるんだろうと思います。
しかし個人的な見解でいえば、そうしたいかしたくないかだけだと思うんですよね。
そうしたいなら、望んでいることだからそれがどのような状態でも構わないでしょう。
そうしたくないのにそうなってしまった場合はどこかでズレてしまったところがあると思うので少しずつ修復していくしかないでしょう。もっとも最初からそうならないように注意しておくことに越したことはありません^^

本日はブログを読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連コンテンツ