結婚して良かったこと 8

恋愛/結婚/離婚

kekkon-yokattakoto

 

 

 

 

 

お金に寛容であること

 
結婚してから価値観の違いでもめる最も多いことは「お金」のことじゃないでしょうか? 特に「お金の使い方」でもめることが多いような気がします。独身のときは稼いだお金は全部自分で好きなように使って誰からも文句を言われない状態から「どうやって使おう」という相談するというステップを踏むことが多くなります。あとは「自由に使える金額」が減るということもいざこざの原因になりえますよね。
使いきれないぐらいお金があるっていう人は稀でしょうから一般的な見解でいえば「どうやってお金を使っていこう」ということを一度は相談したりするもんだと思います。そこで小遣いはいくら、生活費はいくら、教育費はどうする、老後資金はどうするというような話に発展していくんでしょう。
なんとなくですがブログつながりの奥さまは「お金に寛容」である人が多いイメージがあります。うちの奥さんもすごく寛容でお金の使途について細かく聞かれることはありません。
お金に寛容でない人と結婚するとお互いしんどいんじゃないのかなと想像してしまいます。
うちはシングルインカムなのでダブルインカムの場合だと個々にお金の管理はしてるっていうところも多いかもしれないですね。それでも何回かはお金について話し合う機会があると思うので寛容であることに越したことはないと思います。

本日はブログを読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連コンテンツ