喜怒哀楽

自分らしい生き方

人間の感情を表す「喜怒哀楽」。
みなさんはこの喜怒哀楽を表情豊かに表現できるだろうか? いや表情豊かとは言わずとも、表現できないことはないだろう。
「喜」・・・表現するのにもっともストレートに出せるものだと思います。だれしもうれしいことがあれば感情をコントロールすることなく自然に笑みが浮かぶことでしょう。
「怒」・・・何かに怒りをぶちまけるようなことが起これば、「怒」の表現ができるんだろうな。この感情って精神的に安定していない若い時によく起こるものかもしれない。
「哀」・・・「悲しい」とは違うのだろうか? もっと深い哀しみを表しているような感じがあります。この感情も自然に出やすいものだろう。
「楽」・・・楽しい感情は日々もっとも出やすい感情だと思います。毎日が楽しくないとはいっても一瞬という時間で切り取れば「楽」という感情はあると感じます。
みなさんはうまくこの4つを表現できますか?
私は「怒」の感情だけはうまく表現できないんですよね。
表現できないというかほとんどなくなってしまった感じがあるのです。若い時はこういう感情はあったかなと振り返ったときにそのようなものがあったような気がするのですが「怒」という感情ではなくて単に「イライラ」している。自分の思い通りにならないことに「自分にむしゃくしゃしている」といったことが「怒」のような感情として表れていたのだと思います。
私は日常的にでもほとんど誰かに怒鳴ったりすることもありませんし、誰かに憎しみを感じることもなくなりました。これは良いことかどうかはわかりませんが「欲望」がほとんどなくなってきたからではないかと思っています。
喜怒哀楽の怒が欠ける人間は欠陥があるんだろうか?
それとも・・・。
そんなことをふと考えてしまいました。

関連コンテンツ