インデックス投資の先進国株式のリターンを上回れないリスク資産への投資は必要ありません

資産運用, 資産運用方針

インデックス投資をしていてあまりにも退屈なのでインデックス投資以外の投資先を検討して実行した結果、成績があまりよろしくないという経験をした方はいませんか?

はい、それが私です><

コアサテライト戦略と呼ばれるものがありコア80%サテライト20%などで配分を決めてサテライトでさらに収益を伸ばしてみようというものですが私も一時期はサテライトに日本個別株を取引きしていたりしたこともあるのですが今ではやっていません。

あまり手間を掛けずにリターンを得たいということでインデックス投資をしているのですが日本個別株式を取引するにあたっていろいろと調べた結果、成果がたいして上がらないと感じたからです。

そもそもインデックス投資の先進国株式の平均リターンは年3~7%と言われいます。過去20年程度でもこの水準はクリアしています。つまり最低年3%の利益ができないリスク資産への投資は全くする必要がないと言えます。

個別株、FX(外国為替証拠金取引)、くりっく株365、不動産などいくらでもリスク資産への投資はありますが私は投資をしたときに年3%を上回ることができるのかを念頭に投資するかどうかを考えています。

こう考えると年3%を見込める投資って案外少ないと感じた記憶があります。インデックス投資以外の私のリスク資産への投資はくりっく株365ですが年3%は着実に超える見込みです。(現在くりっく株365は停止中)

コアサテライト戦略ってなんかカッコいい感じがしますが投資はお金を増やしてなんぼなのでリターンの見込みのある投資かどうかを判断するかが重要です。その尺度を図るのが年3%をクリアできるかどうかだと思います。

私はくりっく株365以外に優待クロスをしていますがこちらはリスク資産への投資とはちょっと意味合いが違うと考えています。ちょっとコストがかかるけどほぼ確実にリターンがでるのでリスク資産のように大きな変動はないからです。

インデクス投資をしている人が他に投資をするときは年3%をクリアできるのか考えてから投資行動を起こしてはどうでしょうか。

関連コンテンツ