物やサービスの値段が同じでも高い時もあれば安い時もある

日常

物やサービスには値段がついています。これらは当たり前ですがどのように決められているのでしょうか?類似した物やサービスをマーケティングして決めていたり、売り手の売りたい金額で決めている場合もあるでしょう。

この物やサービスについている値段は一定ではないと感じたことはありませんか?

例えば、私はどうしても読みたい本があると新書で購入することがあるのですがその値段が1500円だとします。私から見ればこの1500円という値段は安く感じます。だって自分がどうしても読みたいものが自分が出してもいいお金で買えるわけですから。

しかし同じ商品同じ値段であってもこの本に価値を見いだせない人からすれば1500円というお金も高いと感じるわけです。

同じ1500円という本は人によっては安いと感じ、人によっては高いと感じるということになります。つまり価格は変わりませんが高くもあり安くもあるということになりますよね。

このように見てみると価格・値段って何なのかな?と思うときがあります。

一般的にはいろんな理由があるにせよ自分が買いたいものやサービスを自分が許容できる金額で買っているということになるので価格や値段というものに高い安いの概念がないのかなと感じています。

高いからとても買えないというフレーズをよく聞いたりしますがこれは突き詰めていけば自分はそれほど欲していない物やサービスなのではないでしょうか。本当にどうしても欲しいけど値段が高いから買えないって経験は私にはあまりないのでよくわかりませんがそういう経験がある人はいるのかなあ?

物やサービスの値段はついているけど、高い安いという判断は個人個人の状況によって変わる。高い安いという判断にとらわれずに自分にとって価値があるのかないのかで判断していきたいですね。

本日はブログを読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連コンテンツ