年賀状を出している違和感はないのか!?

nengajou

そろそろ年賀状は書き終わりましたか? それともぎりぎりまで仕事が忙しくて書けない人もいるんでしょうね。昔と違って紙媒体の年賀状を出すことはかなり少なくなりました。それでも紙媒体の年賀状に拘る人がいるのも事実です。

先日、会社で年賀状の話になったのですが紙媒体の年賀状を書く人は自分の子供写真を入れたり誰と誰に出さないといけないので結構な枚数がいるわみたいな話をしていました。

そんな中、普段の仕事でやたらと書類に厳しいというか神経質な人がいるんですよね。会社に提出する書類などもどこに郵送されるのか、どうやって保管されているのか、退職するときは提出した書類はどうなるのかなどやたらと自分の情報がどうなるのか気になるみたいです。

そもそもうちの会社は提出書類がちょこちょこなくなります><

何の時だったか忘れましたがその人が個人情報保護法のことを語っていたんです。私もそのことを覚えていたのでちょっと年賀状を出すか聞いてみたのですが、なんと紙媒体の年賀状を出すというじゃありませんか!

それこそ個人情報漏洩だと思うんだけどな。

コメント

  1. たんちん より:

    本日の私の記事も年賀状です、ええ加減に終了を考えんとねえ。

  2. 砂希 より:

    年賀状は就職して数年後には出さなくなりましたね。
    今では個人情報保護で住所も知らないことが多いから(個人の)年賀状なんてすぐすたれそうなものだけど・・。

  3. あけび より:

    年賀状だけで繋がっている人がいて「また会おうね」と毎年書いていますが、会ったためしが無いという・・・。
    新年の挨拶はメールやLINEで充分ですね。

    • あけびさん
      メールやLINEを使っている人には十分だけどそれらを使えない人もいるので、そういう人には出した方がいいかもね。
      いつまでも年賀状はあるのは習慣化してるからだと思います。

  4. プライア より:

    その方も本当は出したくないのかも知れへんなあ。
    ただ古い風習ってのは自分の都合で勝手にやめるのも難しく、ジレンマを感じてはるんかも。優しくしてあげてネ。

    • プライアさん
      風習、習慣を変えるって難しいですよね><
      そういったことに摩擦が生じるなら多少の労力で解決したほうがいいと考えている人も多いかも。