今年のNISAはやっぱり「たわらノーロード先進国株式」にしました

資産運用, 資産運用方針

 

 

 

 

 

いろいろと制度改正や使い勝手の悪いNISAですが2014年の制度開始以来毎年すべての枠を使い切っています。2014年~2016年はともに利益確定したので保有分はありません。この制度は利益が出ないと何のお得もないのでそこが難しいので前年までは利益が出たら利益確定する方針でいました。

来年から始まる予定の「積立NISA」もどうなるかわかりませんが非課税期間が延びる可能性が高いのかなと感じています。積立NISAは20年らしいですが現行NISAも延びる期待感があります。延びなかったしょうがないですがその時はその時で対応するしかないですね。

NISAの利用を考えたときに非課税を享受できるように個別株やETFという配当金が出るものを考えたのですが120万の3%だとしても3.6万程度です。それほど魅力的な数字だと感じなかったので将来的に成績が伸びそうな商品でしばらく保有しておいた方がいいと考えました。

将来伸びそうな商品・・・もう株式しか思いつきません。私はインデックス投資では日本、新興国には投資をしない方針なので先進国しかありません。(ピンポイントの国に投資できるものがありますが・・・)

やっぱり特定口座で積立てている「たわらノーロード先進国株式」が最も無難な選択肢になると思いました。ということで今年からNISAは「たわらノーロード先進国株式」または同等の投資信託を購入していきます。

本日はブログを読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連コンテンツ