乃木坂46「今、話したい誰かがいる 」のPVが泣ける

ニュース/エンタメ/芸能/ドラマ

 

最近の音楽PVではストーリー仕立てになっているものが多く、乃木坂46「今、話したい誰かがいる」もそのひとつです。

ストーリー紹介

聴覚障害のある西野七瀬(なあちゃん)はダンスをやってみたいけど、躊躇していた。そんなある日白石麻衣(まいやん)に声かけられ一緒にダンスをすることになる。徐々に練習を積み重ねダンスコンクールに出場することになるが発表日と親の転勤での引越しが重なってしまう。 仕方なく出発するなあちゃん、ダンスコンクール会場に集まる乃木坂メンバー。

そして乃木坂メンバーの取った行動はダンスコンクール出場を諦めてなあちゃんに会いにいくことだった。

ちょっとした青春ショートストーリーになっているのですが、ダンスコンクール出場をやめてなあちゃんに会いに行くという場面と最後に手話で「またね」といって終わる場面で目がうるうるしてしまいました。

歳を取って涙もろくなったのかなあ。

乃木坂46「今、話したい誰かがいる」

本日はブログを読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連コンテンツ