米国株全盛になってきていますが先進国株式のインデックスファンドに投資していきます

資産運用, 資産運用方針

米国株はNYダウ、S&P、個別株にしろ魅力的な商品です。その配当や成長性も他国と比べれば群を抜いて素晴らしいと思っています。そもそも米国は資本主義の中心なのでもっとも利益を得やすいであろう環境下にあることは明白です。

ただだからといって米国のみに投資することはどうなんでしょう?

そういう投資方法をしている人もたくさんいるみたいですが私はどうしても一国集中というのがしっくりこないので現在は先進国株式のインデックスファンドに投資しています。先進国株式のインデックスファンドに投資している場合はダメな国が足を引っ張っているという主張があるのですがダメな国もダメなりに頑張っているわけでそこは許容できる範囲です。

今ダメな国だとしても何かの拍子ですごく成長する国に変貌する可能性もあります。これが一国だとそうはいきませんよね。グローバルな世界なので一国に投資をするとは言っても世界とつながりあっているのですぐにダメになるようなことはないと思いますが気持ちの問題として躊躇してしまいますね。

国の分散はある程度必要だという考えに揺るぎはありません。

 

関連コンテンツ