必要な保険だけを契約する

インデックス投資, 資産運用

hoken

家計の見直しをする際に保険の話は必ず出ます。保険といってもいろんな用途の保険がありますがその内容を把握している方は少ないのではないでしょうか。自分が契約したにも関わらず内容を知らないということはその保険が有効に働いているかどうか判断すらできません。

今回は必要な保険、不必要な保険をずばりお答えします。

 

医療保険は考えるまでもなく不要

医療保険とは入院、通院、けがなどに適用される保険ですがこれらは国の健康保険で十分賄えると考えています。民間の保険は掛け金に対して支払われる金額が少ないので割に合いません。よく医療保険に入っていてすぐに病気になり保険金を受け取れてよかったという話がありますがおそらく稀なケースでしょうからこのような場合は運任せというほかありません。

 

生命保険は時と場合によってはあり

生命保険とは死亡した時に支払われる保険ですから独身の方は不要です。ただ家族がいて子供が小さいなどのケースでは短期的な生命保険はありだと考えています。しかしこれも多額の保険金が支給されるものには入らずに最大でも3000万程度で十分です。支給金額が低いと必然的に掛け金もお安くなります。

生命保険は上記のようなケースでは加入してもいいと考えていますがある程度の資産ができてくれば不要です。

 

自動車保険は必要

自動車を運転する場合は任意の自動車保険に必ず加入しておきましょう。事故を起こした場合に自己資金だけで賄えることがほとんどありません。こういう自己資金で対応しきれないことに保険を掛けるのが本来の保険の在り方です。

対人、対物無制限、弁護士特約などは必須ですね。

 

個人賠償責任保険は必要

これは生活している中で起こった損害に対して支払われる保険です。子供が友達にけがをさせてしまった、お店のものを壊してしまったなどに支払われます。もちろん子供以外でも誰でも生活で起こった損害に対して支払われます。ただこの個人賠償責任保険は単独で販売しているところが少なく自動車保険の特約などについています。

※保険については加入される前にご自身で内容確認してから判断するようにお願いします。

以上、必要な保険だけを契約する、でした。

本日はブログを読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク