妻の収入が夫よりも多いという夫婦間の収入格差があると夫は肩身が狭い!?

人間関係, 恋愛/結婚/離婚

ネットのニュースで流れていたのですが妻の収入が夫よりも多いと肩身が狭いと感じる男性が多いそうです。またこの場合離婚する確率も高いという数字があるようです。

一昔前なら男性の収入が女性の収入よりも少ないということがあまりなかったのかもしれませんが現在では男性の収入が下がってきていることから逆転することも多々あるでしょう。

夫の収入が妻よりも低いときに何故男性は肩身が狭いと感じるのでしょうか?

 

亭主関白気質の男性がまだまだ多数いる

潜在意識的に男性は女性よりも有利なポジションに立ちたいと考えているのだろうか。表向きはそういう男性は少なくなってきているように感じますが無意識にそう考えているのかもしれません。

亭主関白といえばサザエさんの波平を思い浮かべますがもうあれは過去の遺物でしょう。あのような態度で円満な夫婦生活ができるとは到底思えません。

 

収入が多い方が偉いという考え方

肩身が狭いと感じるのは見方を変えれば収入が多い方が偉いという考えになっているんではないだろうか。偉い人にはどうしても一歩引いて接してしまいますよね。

収入が人間の優劣を決めるわけではありませんがお金は世の中で重要な要素として確立されているのでそう錯覚してしまうのも無理はありません。

妻よりも夫の方が収入が多いというイメージはまだまだ健在でしょうから世間体も気になる人もいるでしょうね。

 

夫は収入以外に貢献できるものがない

得手不得手は別にして女性は家事全般をこなすことができるでしょう。しかし男性はできない人が多いように感じます。一人暮らしが長いや家事全般が好きだとできるでしょうが料理、掃除、洗濯などを全くしない夫というのも存在しているようです。

仮にこのような夫の場合は夫婦生活をしていくうえで収入という唯一の武器を無くしてしまえば飛べない鳥になってしまいます。

肩身が狭いと感じるのは当然の結果でしょう。

 

夫婦間に収入格差があっても肩身が狭くならないように家事をしよう

先ほども話しましたが家事全般ができるのとできないのとでは雲泥の差があります。収入という武器だけに頼らずに他にも武器を持つことで肩身が狭いと感じることはなくなると考えています。

生活していくためには働いて収入を得るということはもちろんですが、料理、掃除、洗濯などは必須項目です。最低限これだけできるだけでも気持ち的に違ってきます。

肩身の狭い思いをしないためにも収入以外の武器を身につけましょう。

本日はブログを読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク