2017年春ドラマ終盤戦

いよいよ2017年春ドラマも終盤戦に入ってきています。今回はどのドラマもおもしろく見る本数がかなりあったのですが見たいものは全部見れています。終盤戦ということもあり感想を書いてみたいと思います。

貴族探偵

相葉君がかなり微妙な演技をしていますが内容的にはおもしろく見ています。武井咲は「すべてがFになる」から安定してきた感じがします。次回は「黒革の手帳」に主演みたいですがこれは合ってないなと感じます。実力をどれだけ発揮できるか楽しみです。

貴族探偵で頻繁に登場するアプリ「ギリ」ですが声の出演として仲間由紀恵の名前があって声だけの出演かと思っていたのですがなんと貴族探偵の側近の秘書として登場です。これにはびっくりしました。

最終回が楽しみです。

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班

定番的なおもしろさはありますが既視感ばりばりなので流し見程度になっています。

あなたのことはそれほど

波瑠の役どころで物議を醸していたようですがそんなことはどうでもよくて、やっぱり演技いいよと感じました。役どころをうまく掴んでいます。ダメな女性を演じるということができていて視聴者にいい意味で反感を持たれている感じがあります。

母になる

重い内容ながらもさすがの沢尻エリカです。沢尻エリカは「別に」騒動などいろいろありましたがずっと好きな女優です。女優、俳優、歌手、いろんなプロの方がいますがその仕事で満足させてくれれば他はどうでもいいと思うんだけど世間はどうしてもまとめちゃうんだよね。

このドラマで一つ気になるのは10年ぐらい離れていた親と子が急に親しくなり過ぎ感があることです。映画「そして父になる」でも感じました。

緊急取調室

タレントが揃った安定のドラマ。文句のつけようがなく、相棒的にシリーズになっても十分やっていけると思います。

リバース

藤原竜也がうまいですよね。そして戸田恵梨香はやっぱりかわいいです。10代の時と違って大人の女性の魅力を抑え気味で出しているところにまた惹かれます。私は本を読んだのですが最後はやぱり湊かなえだなという終わり方です。ドラマでは違った終わり方なんだろうか?

ボク、運命の人です。

何となく見始めたドラマですがかなりはまってしまいました。1話から最新話までの木村文乃の変化が素晴らしいです。ただ設定がいまいちよくわからず最後はどんな形で終わりにもっていくのか楽しみにしています。

未来の自分の息子がタイムスリップで父親の恋愛を応援しに来るという設定はよくありますがその理由が地球滅亡を防ぐためというから、ここが微妙な気はします。

小さな巨人

半沢直樹と展開が似ているだけに原作は池井戸潤なのかと思ったがどうやら脚本家のオリジナルストーリーのようですね。この脚本家が「半沢直樹」「下町ロケット」の制作にも加わっているようです。

最終的な敵はやっぱり香川照之なのかな? それだとありきたりすぎるけど。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている

視聴率が悪いらしくてかなり叩かれていますがそこまでおもしろくないドラマだとは思いません。主演の観月ありさはこういう役柄は合っていると思うんですよね。新川優愛も好きな女優で見るのが楽しみです。本業はモデルのようだけど演技もまずまずです。

キスマイの藤ヶ谷太輔は微妙ですね。同じグループでリバース出演中の玉森裕太の方がドラマ向きだと思います。

2017年春ドラマは9本

春ドラマは豊作だったと感じます。不作だとほとんど見れるドラマがないときもあるので楽しみが一つ減っちゃいます。それぞれの最終回を楽しみにしています。

コメント

  1. ゼロ より:

    おっとCRISISは余りお気に入りではありませんでしたか?
    僕はこれだけしか視れませんでした。
    面白さはやっぱ人で違うんですね(笑
    まあ違うからこそいろんなドラマが用意されるわけですが。

    • ゼロさん
      CRISISはアクションなどは良かったですがストーリーがほぼ読める展開なので面白さ半減という感じでした。
      あと西島秀俊にはもっと違った役をやって欲しいですね。 波瑠みたいに^^