生命は尊いというけれど重犯罪者の命も尊いか

自分らしい生き方

命は大事にしましょう。

子供の頃からよく聞いたフレーズです。自ら殺人を起こすことはやらない方がいいというのは自分でもよくわかっています。もちろん道徳的にというのもありますけど、生きていくうえでこれと言ったメリットがないのが私の中の最大の理由です。

 

東野圭吾「容疑者Xの献身」の中でこんなセリフがあります。

「石神という男は合理的なことであればどんなことでもやる男だ」

小説の中では愛する人のアリバイを作る為に自ら殺人を犯します。単にアリバイを作るのに合理的だからという理由だけで。私もここまで極端ではありませんがこれに似通った思考があるような気がしています。

さて「命は大切にしましょう」という言葉にはもちろん人間の命以外にも含まれていると子供の頃は考えていました。そう人間の食料となる動物なんかがそうです。また野菜なども声にはださないけど殺されているという揶揄も聞いたことがあります。

これらは生きていくうえでもうどうしようもないことだと認識しました。しかし人間の命はどうでしょうか?すべての人間の命は尊いといいます。「命は地球よりも重い」と言った言葉もありますよね。私ももちろん命は尊いという考えには賛成なのですが犯罪者の命は尊いでしょうか?

おそらく何の関係もない犯罪者なら命は尊いと声高く発言することができるでしょうが、仮に自分の愛する人、子供を殺した犯人の命を尊いと感じることができるのか?という疑問があります。

人間は置かれた環境によって同じ事柄でも全く違った感情を持つ生き物です。一概に命は尊いと声高々に訴えられても私はすごく違和感を感じてしまうのです。

もちろんこれらは一般論としては正しいでしょう。だからそういう取り方をすれば何の問題もありません。でも私はうまくそういう取り方ができないんですよね。だから生きづらいのかもしれません。

整合性があることがもっとも居心地がいい感情になるのですがそもそも世の中の起きていること自分の身の周りに起きていることはほとんどが整合性なんてないことばかりです。

自分の周りの出来事はコントロールできませんので自分の心をコントロールしてうまく生きていかなければならないと感じます。

 

あなたは愛する人、大切な人、子供を殺した犯人の命を尊いと感じることができるでしょうか?

本日はブログを読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連コンテンツ