妻と一緒に100歳までの資産をシミュレーションしてみました

忍者シェアボタン
資産運用計画3
2022~2031年(平成34~43年)は年間収入が50万として年間取り崩し150万。 2032~2041年(平成44~53年)は年間収入が0万として年間取り崩し200万。 以上の条件で計算してみます。 ☆株式部分3000万を1%運用...

資産運用計画を記事にしていましたが年金がもらえる想定の70歳までしかしていませんでした。いつまで生きるのかはわかりませんが70歳以後もシミュレーションしておいた方がいいと妻と話し合って100歳までの資産のシミュレーションをしてみました。

今回は生活費にかなり余裕を持って年間生活費を250万とします。

設定条件

年間生活費 250万

収入 2017~2022年 350万(在職中)

   2023~2031年 150万(私50万・妻100万)

   2042~2071年 150万(年金)

運用利率 2%

西暦 年齢 年間収入 年金 年間支出 年間収支 資産額
2016年 45歳 30,000,000
2017年 46歳 3,500,000 0 2,500,000 1,000,000 31,620,000
2018年 47歳 3,500,000 0 2,500,000 1,000,000 33,272,400
2019年 48歳 3,500,000 0 2,500,000 1,000,000 34,957,848
2020年 49歳 3,500,000 0 2,500,000 1,000,000 36,677,005
2021年 50歳 3,500,000 0 2,500,000 1,000,000 38,430,545
2022年 51歳 3,500,000 0 2,500,000 1,000,000 40,219,156
2023年 52歳 1,500,000 0 2,500,000 -1,000,000 40,003,539
2024年 53歳 1,500,000 0 2,500,000 -1,000,000 39,783,610
2025年 54歳 1,500,000 0 2,500,000 -1,000,000 39,559,282
2026年 55歳 1,500,000 0 2,500,000 -1,000,000 39,330,468
2027年 56歳 1,500,000 0 2,500,000 -1,000,000 39,097,077
2028年 57歳 1,500,000 0 2,500,000 -1,000,000 38,859,019
2029年 58歳 1,500,000 0 2,500,000 -1,000,000 38,616,199
2030年 59歳 1,500,000 0 2,500,000 -1,000,000 38,368,523
2031年 60歳 1,500,000 0 2,500,000 -1,000,000 38,115,893
2032年 61歳 0 0 2,500,000 -2,500,000 36,328,211
2033年 62歳 0 0 2,500,000 -2,500,000 34,504,775
2034年 63歳 0 0 2,500,000 -2,500,000 32,644,871
2035年 64歳 0 0 2,500,000 -2,500,000 30,747,768
2036年 65歳 0 0 2,500,000 -2,500,000 28,812,724
2037年 66歳 0 0 2,500,000 -2,500,000 26,838,978
2038年 67歳 0 0 2,500,000 -2,500,000 24,825,758
2039年 68歳 0 0 2,500,000 -2,500,000 22,772,273
2040年 69歳 0 0 2,500,000 -2,500,000 20,677,718
2041年 70歳 0 0 2,500,000 -2,500,000 18,541,273
2042年 71歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 17,892,098
2043年 72歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 17,229,940
2044年 73歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 16,554,539
2045年 74歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 15,865,630
2046年 75歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 15,162,942
2047年 76歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 14,446,201
2048年 77歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 13,715,125
2049年 78歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 12,969,428
2050年 79歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 12,208,816
2051年 80歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 11,432,993
2052年 81歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 10,641,653
2053年 82歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 9,834,486
2054年 83歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 9,011,175
2055年 84歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 8,171,399
2056年 85歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 7,314,827
2057年 86歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 6,441,123
2058年 87歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 5,549,946
2059年 88歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 4,640,945
2060年 89歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 3,713,764
2061年 90歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 2,768,039
2062年 91歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 1,803,400
2063年 92歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 819,468
2064年 93歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 -184,143
2065年 94歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 -1,207,826
2066年 95歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 -2,251,982
2067年 96歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 -3,317,022
2068年 97歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 -4,403,362
2069年 98歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 -5,511,430
2070年 99歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 -6,641,658
2071年 100歳 0 1,500,000 2,500,000 -1,000,000 -7,794,491

この条件では2063年(92歳)までしか資金は持ちませんでした。でも92歳まで持てば十分だなあというのが正直な感想です。また運用利率は2%としていますがこれも安全な数字を選んでいるので実際は3%ぐらいが妥当なだと考えているのでその場合は100歳まで十分資金は持つことになります。

あとは年間生活費ですが実質はこんなにはかからないと考えられるので仮に年間生活費を240万にしても十分100歳まで持つことになります。

やっぱり一番のネックは年金に頼っていることです。仮に年金を0にすると77歳で資金は枯渇することになります。

未来のことは予想はできませんがこうやって夫婦で考えていくことでお金の問題は解決に向かっていくことができると感じました。

コメント

  1. 株中心で運用したら4-5%はいけると思うんですよね。
    過去実績では実際には7%くらいのようだし。

    ウチの場合は奥さんが乳がんをやっていて長命はしないだろうと、あと僕自身も体力はないほうで父親も早逝しているので、せいぜい70歳まででいいのではと話していますw

    • 招き猫の右手さん
      4~5%だともう余裕になっちゃうんですよね。
      まあ低迷している時代もあるだろうから、厳しめの2%で計算しています。誤差が出るとしても良い方向に間違えるのでいいかなと思っています。
      さらに70歳までだったら、もう働かんでええわ!と思ってしまうね。