資産3000万ある独身がフルタイムで働いているのは仕事が好きなんだろうな

自分らしい働き方

sigoto

仕事が好きな人はどんどんやってもらえればいいのですが、サラリーマンとして働いていると仕事が好きという人は少数でしょう。仕事自体は好きでもそれに付随する付き合いや理不尽な行いなどを考えるととても仕事が好きとはなりにくいです。

ブログ村におけるセミリタイアカテゴリーにおいては資産を公開している方も数名いてとても参考になるのですがもうリタイアしてもいいんじゃないと思える資産があってもまだ足りないので働きますといった記事があります。

お金ってあればあるほど、いいもんですが上を目指せばきりがありません。どこかで区切りをつけないといけないと考えていますが独身の場合の目安は3000万だと思います。これは年齢に限らず3000万です。

3000万という金額はかなりのボリュームがあります。仮に独身一人ぐらいの1か月の生活費を次のように想定してみます。

住居費 5万

光熱費 1.5万

食費 2万

通信費 1万

国民健康保険 0.8万

国民年金 1.6万

合計 11.9万

約12万ですが年間144万となります。

単純に3000万÷144万すると20.8年生活できます。

約20年ですからすごくないですか? ただこれは最低限の支出と考えているので実際には個々に応じて変えていかなければなりませんが月15万もあればかなりゆとりがあると考えられます。その場合でも16年間分の生活費を賄えることになります。

こう考えるとフルタイムで働かなくても気楽なアルバイトでも全然やっていけると思います。独身の場合はこういうことを自分の判断だけでできるのが強みですよね。

もうこれからはフルタイムで働く時代ではありません。

自分のニーズに合った働き方してみませんか?

関連コンテンツ