資産運用計画3

2022~2031年(平成34~43年)は年間収入が50万として年間取り崩し150万。
2032~2041年(平成44~53年)は年間収入が0万として年間取り崩し200万。
以上の条件で計算してみます。
☆株式部分3000万を1%運用、上記条件考慮

3000万を1%運用
西暦 年号 年齢 年間支出 年間収入 取り崩し 取り崩し後資産
2022年 (平成34年) 51歳 2,000,000 500,000 1,500,000 28,491,633
2023年 (平成35年) 52歳 2,000,000 500,000 1,500,000 27,268,183
2024年 (平成36年) 53歳 2,000,000 500,000 1,500,000 26,032,497
2025年 (平成37年) 54歳 2,000,000 500,000 1,500,000 24,784,455
2026年 (平成38年) 55歳 2,000,000 500,000 1,500,000 23,523,933
2027年 (平成39年) 56歳 2,000,000 500,000 1,500,000 22,250,806
2028年 (平成40年) 57歳 2,000,000 500,000 1,500,000 20,964,947
2029年 (平成41年) 58歳 2,000,000 500,000 1,500,000 19,666,229
2030年 (平成42年) 59歳 2,000,000 500,000 1,500,000 18,354,525
2031年 (平成43年) 60歳 2,000,000 500,000 1,500,000 17,029,703
2032年 (平成44年) 61歳 2,000,000 0 2,000,000 15,222,876
2033年 (平成45年) 62歳 2,000,000 0 2,000,000 13,597,981
2034年 (平成46年) 63歳 2,000,000 0 2,000,000 11,956,836
2035年 (平成47年) 64歳 2,000,000 0 2,000,000 10,299,281
2036年 (平成48年) 65歳 2,000,000 0 2,000,000 8,625,149
2037年 (平成49年) 66歳 2,000,000 0 2,000,000 6,934,277
2038年 (平成50年) 67歳 2,000,000 0 2,000,000 5,226,496
2039年 (平成51年) 68歳 2,000,000 0 2,000,000 3,501,636
2040年 (平成52年) 69歳 2,000,000 0 2,000,000 1,759,529
2041年 (平成53年) 70歳 2,000,000 0 2,000,000 10月末0

年金受給予定の2042年までもたずに2041年で資産0です。

☆株式部分3000万を2%運用、上記条件考慮

3000万を2%運用
西暦 年号 年齢 年間支出 年間収入 取り崩し 取り崩し後資産
2022年 (平成34年) 51歳 2,000,000 500,000 1,500,000 28,498,499
2023年 (平成35年) 52歳 2,000,000 500,000 1,500,000 27,566,969
2024年 (平成36年) 53歳 2,000,000 500,000 1,500,000 26,616,808
2025年 (平成37年) 54歳 2,000,000 500,000 1,500,000 25,647,643
2026年 (平成38年) 55歳 2,000,000 500,000 1,500,000 24,659,096
2027年 (平成39年) 56歳 2,000,000 500,000 1,500,000 23,650,777
2028年 (平成40年) 57歳 2,000,000 500,000 1,500,000 22,622,292
2029年 (平成41年) 58歳 2,000,000 500,000 1,500,000 21,573,237
2030年 (平成42年) 59歳 2,000,000 500,000 1,500,000 20,503,201
2031年 (平成43年) 60歳 2,000,000 500,000 1,500,000 19,411,765
2032年 (平成44年) 61歳 2,000,000 0 2,000,000 16,971,038
2033年 (平成45年) 62歳 2,000,000 0 2,000,000 15,281,498
2034年 (平成46年) 63歳 2,000,000 0 2,000,000 13,558,166
2035年 (平成47年) 64歳 2,000,000 0 2,000,000 11,800,368
2036年 (平成48年) 65歳 2,000,000 0 2,000,000 10,007,414
2037年 (平成49年) 66歳 2,000,000 0 2,000,000 8,178,600
2038年 (平成50年) 67歳 2,000,000 0 2,000,000 6,313,211
2039年 (平成51年) 68歳 2,000,000 0 2,000,000 4,410,514
2040年 (平成52年) 69歳 2,000,000 0 2,000,000 2,469,762
2041年 (平成53年) 70歳 2,000,000 0 2,000,000 490,196

年金受給予定の2042年までもちそうです。

☆株式部分3000万を3%運用、上記条件考慮

3000万を3%運用
西暦 年号 年齢 年間支出 年間収入 取り崩し 取り崩し後資産
2022年 (平成34年) 51歳 2,000,000 500,000 1,500,000 28,491,040
2023年 (平成35年) 52歳 2,000,000 500,000 1,500,000 27,836,811
2024年 (平成36年) 53歳 2,000,000 500,000 1,500,000 27,162,956
2025年 (平成37年) 54歳 2,000,000 500,000 1,500,000 26,468,884
2026年 (平成38年) 55歳 2,000,000 500,000 1,500,000 25,753,991
2027年 (平成39年) 56歳 2,000,000 500,000 1,500,000 25,017,650
2028年 (平成40年) 57歳 2,000,000 500,000 1,500,000 24,259,220
2029年 (平成41年) 58歳 2,000,000 500,000 1,500,000 23,478,037
2030年 (平成42年) 59歳 2,000,000 500,000 1,500,000 22,673,418
2031年 (平成43年) 60歳 2,000,000 500,000 1,500,000 21,844,660
2032年 (平成44年) 61歳 2,000,000 0 2,000,000 18,999,437
2033年 (平成45年) 62歳 2,000,000 0 2,000,000 17,568,856
2034年 (平成46年) 63歳 2,000,000 0 2,000,000 16,095,359
2035年 (平成47年) 64歳 2,000,000 0 2,000,000 14,577,656
2036年 (平成48年) 65歳 2,000,000 0 2,000,000 13,014,422
2037年 (平成49年) 66歳 2,000,000 0 2,000,000 11,404,291
2038年 (平成50年) 67歳 2,000,000 0 2,000,000 9,745,857
2039年 (平成51年) 68歳 2,000,000 0 2,000,000 8,037,669
2040年 (平成52年) 69歳 2,000,000 0 2,000,000 6,278,236
2041年 (平成53年) 70歳 2,000,000 0 2,000,000 4,466,019

この計算ではかなりの余裕があることになりました。

資産運用計画総括
単年度ではマイナス運用になる可能性も考えていますが20年間の平均がマイナス運用なるとはあまり考えていません。もしマイナス運用になってしまったら働くのみですね。初期の10年間の年間収入を50万としていますがここがもう少し大きくなればまた違った結果が見えてくるでしょう。
私の場合は完全リタイア(労働収入0)を目指しているわけではないので50万以上を目標としながら時間も確保していきたいと考えています。また労働収入以外にも収入源を確保しておくことは安心につながるので今後も模索していきたいです。