たわらノーロード先進国株式を20000円毎営業日積立を行います

資産運用, 資産運用方針

現金比率がかなり高くなっているのでどうしようかと考えていたのですが投資対象を見渡してみても特に投資したいと思えるような商品もなく無難に投資信託の積立でいいんじゃないと思えてきました。

積立とはいっても現金としてあまり多く置いておいてもどうなのかな?ということもあり積立ペースを上げることに決めました。通常は毎月10万をたわらノーロード先進国株式に積立てているのですが現金比率が落ちるところまでまったくいきません。落ちるどころか現金比率は上がる一方です。

ストック現金をどれぐらいの期間で市場に投入すればいいのかという答えはこれもいろいろあって、「すぐに」「1年ぐらい」「5年ぐらい」というのをみたことがあります。正直5年は年齢が若ければありなのかなと感じますが私には長すぎるように思えました。まったくの0から積み上げるのであれば全然ありなだんろうけどね。

資金と日数的な区切りの関係(自分が心地いいと思える)で今年いっぱいでいいんじゃないと考えました。5/1から12/31までの営業日は166日でしたので20000円×166日で毎営業日積立を実行していきます。

ひとつ問題なのは、いや問題というほどでもないんだけどSBI証券で投資信託を保有しているので毎営業日積立は手動でやらないといけないんですよね。だからたまに忘れるときもあると思うんだけどそれはそれでまあいいかとゆるい感じでいきたいと思います。

本日はブログを読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連コンテンツ