自分がやりたいこと望むことがあるのに何故実現できるように行動しないのだろう?

人生・生き方


ずっと前から感じていたことなんですが人間ってこう変わりたいなどの欲望がある人がほとんどだと思うのですがその欲望を満たすための行動をする人は極少なんですよね。

もっとお金を貯めたい
もっと違う職場で働きたい
もっといろんな人と出会いたい
もっと旅行に行ってみたい
もっとおいしいものを食べてみたい
もっとお金や時間にとらわれず自由に生きてみたい

もっともっとたくさんのことがあるでしょうが、すぐにできることもあれば現実的にすぐにはできないこともありますが、自分がやってみたいことに向かって近づいていくことはできると思うのです。

特にお金関係では「お金を貯めたいと思っている人ほど無駄な支出が多い」という反比例の関係を長く持続している人がたくさんいます。お金のことでいえば、使わなければ貯まります。もちろんこれはサラリーマンなどの定期的に収入があることは大前提ですが、収入を超えるような支出をしていれば貯まるはずがありません。

また貯まるスピードが遅ければ節約といったことも考えないといけないですが、お金を貯めたいお金が貯まらない人は節約しないんですよね。いや当人は節約していると思っているかもしれないけど節約するところを間違っていることが多いです。節約の王道は固定費を最小限にすることです。具体的にいえば住居費、通信費、保険を削減しましょう。続いて食費、光熱費といった変動費を抑えましょう。これをするだけでもかなり効果はあるはずです。

一例としてお金のことにクローズアップしてみましたがその他のことにしても同じでなぜか反対方向に力を注いでいる傾向があります。当然のごとく自分のやりたいことから遠ざかっていきます。

その結果行きついた行動が現状維持です。

自分の欲望や夢、やりたいことを叶えるためにはそれらに向かって行動しないとダメだと思います。行動しないと何も変わりません。

みなさんにやりたいことや望むことがあれば、今すぐ行動しましょう。すぐに実現できなくてもいつしか実のなる時がくるはずです。

私は実現することを信じて自分の望みが叶うように行動します!

関連コンテンツ