東野圭吾「分身」

読書感想

数ある東野圭吾さんの作品の中でも推しに推したいものの一つにこの「分身」があります。
札幌に住む18歳の女子大生 氏家鞠子は両親に愛されたと記憶がないままに育ちました。一方、東京の20歳の女子大生 小林双葉は何故かテレビに出るようなことはしてはならないと両親から強くいわれます。しかしお互いが自分の出生に疑問を持ち始めた時から物語は動きはじめます。
二人は何故存在するのか? どのように存在することになったのか?
生命の禁断の領域に踏み込んだ作品です。
「人間のエゴ」「人間の執着」「人間の執念」を垣間見た気がしました。私だったらどうしただろう? もし可能であったら同じことをするかもしれないなあ。それはとても悲しいことだけど・・・。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール