東野圭吾「時生」

読書感想

freeflyfisherさんからのコメントがあったのでレビューしてみます。
東野圭吾さん原作「時生」
ストーリーはありふれたタイムスリップものです。しかしそのありふれたタイムスリップものも著者によってはとてもおもしろい物語になると痛感します。先ごろ放送された重松清さんの「流星ワゴン」も良かったですよね。
物語は重度の病状にある時生の命がつきるところからはじまります。のっけから引き込まれました。そこで父親である拓実は妻にあることを打ち明ける。「実は20数年前に時生にあったことがあるんだ」と。
人生をあきらめていた拓美のもとに時生がタイムスリップしてきて命の尊さや人生の素晴らしさを父である拓実に伝えようとする。徐々に展開していくストーリーと共にどんどん引き込まれていきます。
東野圭吾さんはミステリー作家だと思っていますがこういう「人の心をふるわす」作品もあってほんとうにいろんな引き出しがあるなあと思い知らされます。
エピローグでは切ない気持ちと温かい気持ちそして希望・勇気を感じ取れる作品だと思います。
いつの時代でも心がふるえる一冊でしょう。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール