東野圭吾「虚像の道化師」




短編が4つありましたがどれも短い中でも起承転結があり素晴らしいと思いました。個人的には「偽装う」が良かったです。









シェア