東野圭吾「歪笑小説」




○○小説シリーズ特有のブラックユーモアで出版業界をきっていきます。今回のは今までで一番おもしろかったと思いました。もちろん脚色はしてあるんでしょうが業界の裏話っぽい感じで書かれているので本当にこんなことがあるのかなあと思いながら読みました。









シェア