東野圭吾「マスカレードホテル」

読書感想

著者もいっているように渾身の作品でした。
犯行現場に残された数字から次の殺人事件の場所がホテルコルテシア東京と判明した。
ホテルの従業員として潜入捜査することになった新田が指導役の山岸とともに徐々に事件の全貌を解き明かしていく。
中盤あたりで犯人の狙いは○○だろうなあというのは感じました。これは話の流れとかではなくて小説の構成上そうしたほうがいいだろうなという推測からです。
しかし、それでも最後まで練りこまれていておもしろく読むことができました。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール