東野圭吾「あの頃の誰か」

読書感想

わけありの東野圭吾の短編を集めた作品集です。
わけありということもあって、いまいちなのもありますがなかなかいいんじゃないと思うものもありそれなりに楽しめました。
「秘密」の原型となった「さよなら、父ちゃん」は秘密を思い出すきっかけになりましたね。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール