東野圭吾「白銀ジャック」

読書感想

新月高原スキー場にゲレンデのどこかに爆弾を仕掛けたというメールが届く。すぐに警察に通報するように上司にかけよる安全担当の倉田だがなかなかその進言は通らない。なぜなら昨今のスキー場運営はどこも危機に瀕しておりもしも営業不可となればたちまち倒産のうきめにあうことがたやすく予想できるからだ。
犯人たちはゲレンデにいる全ての人を人質にとり身代金を要求してくるが分割して要求してくるというリスクの高い交渉をもちかけてきた。 犯人側にすれば取引回数が増えればそれだけリスクが増えることは明確だがそれをする理由はなにか?
いきずまる犯人たちとの交渉を進めていくなかで倉田は何か違和感を感じる・・・・。
犯人たちの目的は金なのか、それとも・・・。
最新刊が文庫本ででるといううれしい出来事でした。すぐに買って読んだのですが最後まで読み終えるとやはり伏線の張り方が絶妙です。登場人物がすべてなんらかの重要性をもっていて最後にひとつにつながる。
スキー好きの作家として有名ですがスキー場の経営難を世に知ってほしいというのもあったのかもしれません。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール