東野圭吾「新参者」

読書感想

日本橋署に異動してきた加賀恭一郎はマンションで起きた一人の女性殺害事件の捜査をはじめます。一見なんの関係もないような捜査の中で少しずつ少しずつ点が線となり事件解決の道へとつながっていきます。
加賀恭一郎シリーズの最新作ですがドラマでもしていたので記憶に新しいかもしれませんね。 その類まれなる洞察力と推理力で事件を解決する様はまさに爽快なのですが前作の「赤い指」からは事件解決と同様にそれと類似した境遇の人物の様子も最後に描かれていてとても深い物語となっています。 最初この本の目次を見たときに短編小説なのかと思いましたが読み進めていくうちにどんどん話が絡み合ってくるというおもしろい書き方でした。それでいて各章にでてくる人物像もしっかり描けていてついつい読み進めてしまいます。
最後に「かわいがること」と「大切にすること」は違うという文章がでてくるのですがどちらも相手を思いやることは同じようなのですがほんの些細な違いで後に大きな差がでてきます。
こういうことって現実にも本当にたくさんあるなあと思いました。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール