東野圭吾「パラドックス13」

読書感想

東野圭吾のSF長編ミステリーです。
内容はというと一言でいうと、すさまじいものになっています。とにかく読んでほしい作品です。自分がこんな状況になったらどうするだとう?と読んでいくととても深みに入ってしまいます。
少しお話すると「ある現象」が起きて人類のほとんどの人や動物が消えた。そして残った人間で生きていこうとするという物語です。
ここでリーダー格になる久我誠哉という人物が実に合理的で理にかなっている方法でみんなを引っ張っていくのだが人が人であるがゆえにそれが通じないこともでてきます。
以前の記事でも何度かお話したことはありますが「正しいことをすることが正とは限らない」ということが鮮明にクローズアップされてでてくる場面があります。 

関連コンテンツ


Posted by クロスパール