東野圭吾「ダイイング アイ」

読書感想

東野圭吾作品には珍しくミステリーホラーです。
交通事故を起こしてしまった主人公はその被害者家族からある日突然襲われてしまいます。
一命を取り留めたものの不可解な事件に巻き込まれていきます。ダイイング アイの題名どおり死ぬ間際に見つめられた被害者の「目」の描写がリアルです。
ちょっと視点を変えた作品ですがやはり何を書いても一流という感じがします。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール