東野圭吾「怪笑小説」




最初の「鬱積電車」がかなりおもしろいし現実味がありそうで良かったです。
電車に乗っている人のがどんなことを考えて乗っているのわかり、たぶんそうなんやろうな~という想像が簡単にできます。 そして最後のオチもなかなかグッドでした。









シェア